聴力を補い快適な日常を|耳鳴りがあっという間に治る方法|不快感からの脱却
医師

耳鳴りがあっという間に治る方法|不快感からの脱却

聴力を補い快適な日常を

カウンセリング

機能やデザインも様々

病気やケガ、加齢などによって耳が聞こえにくくなるのが難聴です。特に加齢に老人性難聴は、一種の生理現象でもあるため多くの人に発症が見られます。そのような難聴を補助して日常生活をサポートするのが「補聴器」という機械です。難聴と言っても、単に音が小さく感じるものから、高い音や低い音だけが聞こえにくい、雑音が酷く聞き分けできない、などというように聞こえ方にもいろいろあります。そのため補聴器を利用する際には使う人に合った機能や使う人用に調整したりすることも必要なのです。また、使う人には見た目も重要ですので、耳の中にすっぽり収まるものから、耳裏にかけて使うもの、高性能な本体をポケットなどに入れて使うタイプなど、好みの補聴器を選ぶこともできます。

安価な集音器に注意を

使う人それぞれに合わせての調整は、ほとんどオーダーメイドのようなものなので価格が高くなりがちです。そんな中、激安量販店やネットショップなどで安価な補聴器の広告をよく見かけます。ですがここで注意して欲しいのが、この手の補聴器は、ただ音を大きくするだけの集音器の場合が多いということです。本来な難聴というのは程度や聞こえ方など人によって様々です。そのため聞こえ方に合わせる機能や細かな微調整というものが必要になりますが、集音器ではそのようなことはできません。身体に合わない補聴器は難聴の改善にならないばかりか、症状を悪化させてしまうこともあるので注意が必要なのです。分かり易く言うと、補聴器はちゃんと度の合ったその人専用の眼鏡で、もどきの集音器は度の合っていない適当な眼鏡というイメージだといえます。